2011年12月16日

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

---------------------------------------------------------------------

・魔法少女まどか☆マギカ 第10話「もう誰にも頼らない」
・ハートキャッチプリキュア! 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
・放浪息子 第1話「おんなのこって なんでできてる? 〜Roses are red, violets are blue〜」
・みつどもえ 増量中! 第6話「トイレがあいてないなら雪の上にすればいいじゃない」
・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第1話「超平和バスターズ」
・電波女と青春男 第8話「ツィオルコフスキーの祈り」
・日常 第25話「日常の第二十五話」
・銀魂’ 第26話「コラボにはエイリ○ンVSプ×デターがあるのも覚えておけ」
・STEINS;GATE 第24話「終わりと始まりのプロローグ」
・WORKING’!! 第2話「理想の家族計画」

ルール
・2011年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

---------------------------------------------------------------------
【各話コメント】

・魔法少女まどか☆マギカ 第10話「もう誰にも頼らない」
(脚本:虚淵玄/絵コンテ:笹木信作/演出:八瀬祐樹/作画監督:伊藤良明、潮月一也)

 『まどマギ』を代表する傑作回。ここで初めて語られた暁美ほむらの真実と共に、OPに込められた本当の意味が一気に氷解する構成には心底痺れた。「ワルプルギスの夜」における、悠木碧、斎藤千和の熱演も素晴らしい。

---------------------------------------------------------------------

・ハートキャッチプリキュア! 第48話「地球のため!夢のため!プリキュア最後の変身です!」
(脚本:栗山緑/演出:長峯達也、広嶋秀樹/作画監督:馬越嘉彦)

 『ハトプリ』スタッフの総力戦。プリキュアシリーズの限界に挑むようなハードなドラマに、作り手の「本気」を感じた。劇中、つぼみの言い放つ「月影ゆり!」は本作屈指の名セリフ。水樹奈々の芝居にここまで心震わされたのは、『プリンセスチュチュ』第24話の「るぅの絶叫」以来だった。

---------------------------------------------------------------------

・放浪息子 第1話「おんなのこって なんでできてる? 〜Roses are red, violets are blue〜」
(脚本:岡田麿里/絵コンテ:あおきえい/演出:あおきえい/作画監督:牧野竜一)

 第1話の衝撃が今でも忘れられない。「凄いアニメが始まった!」と思わず襟を正した。2011年、私的ベストワン作品。欲を言えば、小学生編も含めた、2クールで制作していれば完璧だった。

---------------------------------------------------------------------

・みつどもえ 増量中! 第6話「トイレがあいてないなら雪の上にすればいいじゃない」
(脚本:あおしまたかし、子安秀明/絵コンテ:藤原良二、誌村宏明、太田雅彦/演出:大久保政雄/作画監督:川島尚、中山初絵)

 千葉氏放尿から、みつばの雪玉連射までの流れが秀逸。第2期は第1期と比較して、作品の持つ「躍動感」が格段に増していて面白かった。個人的に、今一番続編シリーズを観たい作品。第3期の実現に期待!

---------------------------------------------------------------------

・あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 第1話「超平和バスターズ」
(脚本:岡田麿里/絵コンテ:長井龍雪/演出:長井龍雪/作画監督:田中将賀)

 ED曲『secret base 〜君がくれたもの〜(10 years after Ver.)』が流れ始めた瞬間、作品に魔法がかかったような気がして、猛烈に感動した。「ああぁぁー!」と叫びながら疾走する宿海仁太の姿を観て、物語はまだ始まったばかりだというのに、涙腺が刺激されて仕方がなかった。自分にとっての『あの花』は、第1話のEDがピークであり、全てだったと思う。

---------------------------------------------------------------------

・電波女と青春男 第8話「ツィオルコフスキーの祈り」
(脚本:綾奈ゆにこ/絵コンテ:橋本アキラ/演出:下田久人/作画監督:柳瀬雄之、清水勝祐、佐藤篤志、鈴木信一)

 藤和女々(40歳)の心境にスポットをあてた意欲回。着目したテーマの新鮮さが、エピソードの不思議な手触りとリンクしていて、刺激的かつ面白かった。クライマックスにおける、ペットボトルロケットの唐突な大爆発も、マニアックなムードに拍車をかけていたと思う。

 『電波女と青春男』は、神聖かつ滑稽な青春劇の傑作だった。こんな雰囲気のTVアニメがもっと観たい。

---------------------------------------------------------------------

・日常 第25話「日常の第二十五話」
(脚本:花田十輝/絵コンテ:武本康弘/演出:武本康弘/作画監督:丸木宣明)

 あらゐけいいちの『日常』がアニメ化されると聞いて、「京アニといえども、大丈夫か……」と心配した事を覚えている。結局、それはまったくの杞憂に終わり、京都アニメーションの底力を、毎週改めて確認する事になった。高度な技術・自由なアイディアを総動員して、作品を高めていく姿勢は、本当に凄い。その集大成の話数として、第25話を挙げておきたい。

---------------------------------------------------------------------

・銀魂’ 第26話「コラボにはエイリ○ンVSプ×デターがあるのも覚えておけ」
(脚本:横手美智子/絵コンテ:藤田陽一/演出:馬引圭/作画監督:本城恵一朗、升谷由紀)

 『銀魂』らしい傑作コラボ回。ビチグソ丸(cv.白石涼子)のキャスティング理由が最高!

---------------------------------------------------------------------

・STEINS;GATE 第24話「終わりと始まりのプロローグ」
(脚本:花田十輝/絵コンテ:浜崎博嗣、佐藤卓哉/演出:若林漢二、小林公二、浜崎博嗣、佐藤卓哉/作画監督:坂井久太)

 綺麗に着地を決めた最終回だった。10代で視聴していたら、今よりも遥かに感激していたと思う。岡部、紅莉栖、まゆしぃ、ダル等。ラボメン全員に備わった、キャッチーな魅力と存在感が印象的。

---------------------------------------------------------------------

・WORKING’!! 第2話「理想の家族計画」
(脚本:霧海正悟/絵コンテ:島津裕行/演出:佐藤正人/作画監督:高瀬智章)

 ウザかわいさ全開の山田回。本エピソードの面白さに触発されて、未見だった第1期を一気視聴した事は良い思い出。最後の10本目に何を置くかで相当迷ったけど、最終的に『WORKING’!!』の持つ「楽しさ」を記録しておく事にした。

---------------------------------------------------------------------
posted by 新米小僧 at 07:00| 話数単位で選ぶ、TVアニメ10選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする