2012年12月06日

話数単位で選ぶ、2012年TVアニメ10選

---------------------------------------------------------------------

・プリティーリズム オーロラドリーム 第50話「新プリズムクイーン誕生!」
・スマイルプリキュア! 第13話「修学旅行!みゆき、京都でドン底ハッピー!?」
・謎の彼女X 第11話「謎の文化祭」
・坂道のアポロン 第7話「ナウズ・ザ・タイム(Now's the time)」
・TARI TARI 第5話「捨てたり 捨てられなかったり」
・じょしらく 第10話「唐茄子屋楽団/新宿荒事/虫歯浜」
・戦国コレクション 第18話「Four Leaves」
・人類は衰退しました 第12話「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」
・氷菓 第21話「手作りチョコレート事件」
・中二病でも恋がしたい! 第5話「束縛の…十字架(ハード・スタディ)」

ルール
・2012年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

---------------------------------------------------------------------
【各話コメント】

・プリティーリズム オーロラドリーム 第50話「新プリズムクイーン誕生!」
(脚本:赤尾でこ/絵コンテ:青葉譲/演出:徳本善信/作画監督:森本由布希)

 『プリティーリズム オーロラドリーム』の到達点。傑作『カレイドスター』を彷彿とさせる面白さに、視聴中釘付けになった。シリーズ序盤、モブキャラクターがシルエットで表現されていた事を思えば、観客席&地球を巻き込んだ「オーロラライジングドリーム」の描写は、作品世界が豊かさを獲得した証明だと思う。その作劇の高まりは、第4クールの圧倒的な充実ぶりと併せて、2012年における事件の一つだった。

---------------------------------------------------------------------

・スマイルプリキュア! 第13話「修学旅行!みゆき、京都でドン底ハッピー!?」
(脚本:成田良美/演出:土田豊/作画監督:小島彰)

 伝説の大凶回。女児向けアニメ史に残る「魚眼みゆき」のインパクトが凄まじい。全編の演出も快調で、初見時「今日の演出家は誰だ?」と猛烈に気になった。

---------------------------------------------------------------------

・謎の彼女X 第11話「謎の文化祭」
(脚本:赤尾でこ/絵コンテ:誌村宏明/演出:中智仁/作画監督:坂本千代子、平野勇一、島千蔵)

 主人公・椿明をめぐってぶつかり合う女達の激情。そのエキセントリックな展開と、一途に愛を追い求める姿は、まるで増村保造の映画を観ているようだった。本作の成功を支えた、卜部美琴役・吉谷彩子の存在感も見事。

---------------------------------------------------------------------

・坂道のアポロン 第7話「ナウズ・ザ・タイム(Now's the time)」
(脚本:加藤綾子/絵コンテ:松尾衡/演出:出合小都美/作画監督:Cindy H.Yamauchi)

 アニメスタイル編集長・小黒祐一郎をして「アニメ史に残る出来」と言わしめた傑作回。今後も語り草になるであろう、3分31秒の演奏シーンが圧巻!

---------------------------------------------------------------------

・TARI TARI 第5話「捨てたり 捨てられなかったり」
(脚本:橋本昌和、佐藤梨香/絵コンテ:浅井義之/演出:浅井義之/作画監督:吉田優子)

 亡き母への想いを描いた『TARI TARI』の最高作。挿入される8度の回想場面が、坂井和奏の心をドラマティックに締め付けていく。その構成が実に効果的だった。

---------------------------------------------------------------------

・じょしらく 第10話「唐茄子屋楽団/新宿荒事/虫歯浜」
(脚本:水島努/絵コンテ:二瓶勇一/演出:池端隆史/作画監督:直谷たかし、他6名)

 今年の夏アニメで一番楽しませてもらった作品。「LOFT/PLUS ONE」の不意打ち感が凄い。

---------------------------------------------------------------------

・戦国コレクション 第18話「Four Leaves」
(脚本:待田堂子/絵コンテ:後藤圭二/演出:三上喜子/作画監督:中村深雪)

 ラストカットの静かな余韻が素晴らしい。各話バラエティ豊かな『戦国コレクション』にあって、本エピソードは凄くストレートな話だと思う。背景美術/油絵風(ゴッホタッチ)で描かれた、衒いのないストーリーが愛おしい名編。

---------------------------------------------------------------------

・人類は衰退しました 第12話「妖精さんの、ひみつのおちゃかい」
(脚本:上江洲誠/絵コンテ:小林孝志/演出:小林孝志/作画監督:宇佐美皓一、山田有慶)

 とらえどころのない、それでいて確かな予感に満ちた最終回だった。「わたし」は中原麻衣の代表作になったと思う。軽さとユーモア、そしてアイロニーの入り混じった芝居が絶妙だった。

---------------------------------------------------------------------

・氷菓 第21話「手作りチョコレート事件」
(脚本:西岡麻衣子/絵コンテ:内海紘子/演出:内海紘子/作画監督:門脇未来)

 シリーズ中盤以降、伏線のように描かれてきた福部里志の屈折した内面。その頂点が伊原摩耶花の手作りチョコレートを叩き割った瞬間だった。本作のコピー「青春は、優しいだけじゃない。痛い、だけでもない。ほろ苦い青春群像劇。」を体現したエピソード。雪の不動橋における、男二人の会話がいい。

---------------------------------------------------------------------

・中二病でも恋がしたい! 第5話「束縛の…十字架(ハード・スタディ)」
(脚本:花田十輝/絵コンテ:内海紘子/演出:内海紘子/作画監督:門脇未来)

 本作で最も印象に残った話数。賑やかなキャラクター描写と、ハートウォーミングなラストが心地良い。2012年は京都アニメーションの円熟した魅力を、TVシリーズで堪能する事ができた1年だった。こんな恵まれた時間がいつまでも続けばいいなと願いつつ、年明けスタートの新作『たまこまーけっと』にも期待したい。

---------------------------------------------------------------------
posted by 新米小僧 at 23:41| 話数単位で選ぶ、TVアニメ10選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする