2013年12月01日

話数単位で選ぶ、2013年TVアニメ10選

---------------------------------------------------------------------

・あいまいみー 第9話「FX」
・俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2話「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」
・惡の華 第一回
・有頂天家族 第6話「紅葉狩り」
・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第10話「モテないし、二学期が始まる」
・げんしけん二代目 第11話「いい最終回だった」
・アイカツ! 第47話「レジェンドアイドル・マスカレード」
・恋愛ラボ 第12話「ずっと友達でいてくださいね」
・進撃の巨人 第21話「鉄槌 ―第57回壁外調査(5)―」
・京騒戯画 第1話「ある一家の事情とその背景」

ルール
・2013年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

---------------------------------------------------------------------
【各話コメント】

・あいまいみー 第9話「FX」
(脚本:いまざきいつき/絵コンテ:いまざきいつき/演出:いまざきいつき/作画:いまざきいつき)

 2010年代ギャグアニメの最先端。『探偵オペラ ミルキィホームズ』(第1期)→『てーきゅう』→『あいまいみー』へと至る流れは、1990年代に起こった「ギャグアニメのイノベーション」からより一段飛躍して、新時代に入った感覚が強くする。各作品の主要クリエイターに金田系アニメーターが参加している点も、今後考えていきたいテーマの一つ。

---------------------------------------------------------------------

・俺の妹がこんなに可愛いわけがない。 第2話「信じて送り出したお兄さんが携帯美少女ゲームにドハマリしてセクハラしてくるようになるわけがない」
(脚本:伏見つかさ/絵コンテ:神戸洋行/演出:西片康人/作画監督:サトウミチオ)

 抱腹絶倒の傑作エピソード。原作者脚本による、新垣あやせの魅力を生かしきった展開が素晴らしい。第1期と比較して、明らかに駄目な方向に進んでいる高坂京介の描写もナイス。

---------------------------------------------------------------------

・惡の華 第一回
(監督:長濱博史/脚本:伊丹あき/作画統括:平川哲生/作画監督:新田靖成)

 劇中を支配する不穏な空気感が堪らない。こんなにも刺激的な作品が制作され、平然と放映されるのだから、日本のTVアニメはまだまだ面白いと心底思った。

---------------------------------------------------------------------

・有頂天家族 第6話「紅葉狩り」
(脚本:菅正太郎/コンテ:吉原正行/演出:倉川英揚/作画監督:大東百合恵)

 本作で一番好きな話数。天狗煙草の煙とともに紅葉林に消えていく弁天、淀川教授の語り、回想における総一郎の態度等、琴線に触れる場面が数多くあった。ラストシーンも美しく、あるアニメ監督の至言「作品は味わいが大事ですよ」が改めて腑に落ちた。

---------------------------------------------------------------------

・私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 第10話「モテないし、二学期が始まる」
(脚本:吉岡たかを/絵コンテ:西田正義/演出:徳本善信/作画監督:空流辺広子)

 終始ローテンションで描かれる黒木智子の高校生活。悪ノリ気味なコメディ回が楽しい本作にあって、第10話のメランコリックな雰囲気はとりわけ印象に残った。洒落たOPの入りにも感心。

---------------------------------------------------------------------

・げんしけん二代目 第11話「いい最終回だった」
(脚本:横手美智子/絵コンテ:小林敦/演出:小林敦/作画監督:角田桂一、中山知世、山口飛鳥)

 本エピソードの放送翌日、近所のレンタル店から『げんしけん』シリーズが全て消えた。その貸出中になった棚を眺めながら、この傑作回に触発された他者の存在を感じて、幸せな気分になった。たぶん、自分がアニメ視聴に求める最大の醍醐味は、こうした体験なのかもしれない。

---------------------------------------------------------------------

・アイカツ! 第47話「レジェンドアイドル・マスカレード」
(脚本:加藤陽一/絵コンテ:矢野雄一郎/演出:佐藤和磨/作画監督:尾形健一郎、菊地功一、外間亮)

 名曲『カレンダーガール』の圧倒的な感動(第50話「思い出は未来のなかに」)と猛烈に悩んだけど、初見時の衝撃でこちらを選出。マスカレードの放つ大人の色香には、思わずTVの前で取り乱してしまった。

---------------------------------------------------------------------

・恋愛ラボ 第12話「ずっと友達でいてくださいね」
(脚本:鴻野貴光/絵コンテ:おざわかずひろ/演出:藤原佳幸/作画監督:吉田奏子、高野綾)

 『恋愛ラボ』の魅力が凝縮された一篇。コミカルとシリアスに揺れ動く作劇が面白い。作画陣の頑張りにも拍手。

---------------------------------------------------------------------

・進撃の巨人 第21話「鉄槌 ―第57回壁外調査(5)―」
(脚本:高木登/絵コンテ:平田智浩/演出:田中洋之、室谷靖/作画監督:千葉崇明、手塚響平、山田歩)

 ドラマ、アクションともに充実のシリーズ最高峰。エピソードに込められた熱量が高く、視聴中感情を揺さぶられた。第2期の開始がこれほど待ち遠しい作品も稀有。

---------------------------------------------------------------------

・京騒戯画 第1話「ある一家の事情とその背景」
(脚本:東堂いづみ、浅葱久楽/絵コンテ:松本理恵/演出:松本理恵、畑野森生/作画監督:林祐己)

 WEB配信版同様、作品の持つ「大きさ」に再度ワクワクさせられた。いずれは劇場が主戦場になる才能だと思う。一方で「この監督の手掛けるTV作品をもっと観たい!」とも強く感じた。

---------------------------------------------------------------------
posted by 新米小僧 at 04:16| 話数単位で選ぶ、TVアニメ10選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする